« 今日のこと | Main | というわけで »

ビッグ・ピクチャー

きのう、研究室を見てきたが、CDラックが倒れただけで、30分もすれば片づけられた。

まあ、すべてのことについて、small picture と big picture が存在するのである。人間である限り small picture で生きる部分があるのは当然で、そこに不安や心配も出てくるのも無理はない話だが、同時に big picture を持っていられるか、そしてその大きな計画においてはすべてが絶対的に善であることを信じ切ることができるか、それが生活におけるスピリチュアルということだ、と私は理解している。

多くの人が、どのような困難な時にも、「宇宙エネルギー」との接触を保って、心のある部分において「自分は絶対的に守られている」という感覚を持ちつづけられるようになるといいと思う。死ぬかもしれないが、死んだとしても大丈夫なのである。そういう世界がある。死んだ後の世界だってそんなに悪くないのだ。また、親しい人や知っている人に何かが起こったとしても、同様に、big picture においてはすべてがつねに大丈夫であることを実感し、その実感からやってくるエネルギーを送ることができる人が増えたら、実際にいろいろな災厄のあらわれが最小限ですむようになると思う。

心配するだけならあんまり役には立たないので(むしろマイナス)、募金でもしてあとは至高の力に祈るようにしてもらえるといいかもしれない。ポジティブなエネルギーを送ることは大きな役に立つ。それはお金をかけずだれにでもできることである。物理的に何かできなければ無力だ、というのは唯物論である。宇宙のしくみはそういうものではない。心配・不安というのは五井先生にいわせれば「消えてゆく姿をつかんでしまう」ということになるだろう。

インターネットが復旧すると急いでここに書いたのも、心配・不安のエネルギーを少しでも解消しようと急いだわけである。私はふだんから、自分が疲れたり病気だったりするときも、そういうことは絶対にここには書かない。常にそういう配慮をしているので、そういう意味で、何でも書きたいことを書いている「日記」ではないのである。

自分でコントロールできないことを心配したりしてもしかたがない。ただ、与えられた条件の中で自分がなしうる最善の行動を選択するだけ。その選択の一つずつの積み重ねが、この世界に生きている意味である、と思う。

それからついでに、防災上、気をつけるべきだと思ったことを書いておく。

・家は、現行建築基準で建てられたものに住むこと(1981年以降)。それなら、手抜き工事でない限り、震度6で倒壊することはほとんどない。
・バッテリーで駆動するラジオを用意する。懐中電灯とあわせてすぐに出せる場所におくこと(私はおいてある場所はわかったのだが、その上にいろいろ物が落ちてきて、ロウソクをつけて探した)。
・家具類には転倒防止金具をとりつけること。また、やはり安い多目的棚などは転倒しやすいので、しっかりした作りのもののほうが安定している。

また、ふだんから、家の中で落ちやすいもの、倒れやすいものは何かチェックしておくのがいい。大地震の場合、発生後十秒以内に停電する。したがって、日没後では、最初の数秒で大地震であることを判断し、停電するまでの数秒間で安全な場所に待避しなければならない。パニックになるとあっという間に暗くなってなんだかわからなくなってしまう。

« 今日のこと | Main | というわけで »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 今日のこと | Main | というわけで »

September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ