« 占いとサイキック | Main | 偶然との戯れ »

タロット本

タロット本といえば・・伊泉龍一『タロット大全』・・まあ、「研究書」としては日本ではこれがいちばんのようである。ただ、著者のスピリチュアリティーに対する態度にはいまひとつ食い足りないものがあるような・・歴史的な解釈の話が多い。ネットの評を読むと、鏡リュウジの本と同様、「タロットから神秘をはぎとり、真実の歴史を云々」といった文章にお目にかかるが、そんな、正確なタロットの歴史なんて、アメリカの本にはどれも必ず書いてあるじゃん・・いままでの日本のタロット本がレベル低すぎるんだよ・・っていうか。「エジプトに発する神秘のカード」なんていうのを今まで本気で信じてたの?・・いやはや。それと、神話を否定することは神秘を否定することではないよ。

いくつかのサイトの情報を総合すると、実占入門として日本語で最良の本は、マルシア・マシーノ『タロット教科書第一巻』(魔女の家ブックス)であるということになっている。これは Marcia Masino, Easy Tarot Guide の訳なんでしょうかね。私はよく知らないが、こういう類の本は英語には十冊、二十冊とあると思う。そのくらい格差はある。まあ詳しくは、米アマゾンの、タロット本のところに出てくる「リストマニア」をいくつか見ていると、よく登場する本があるので、それが定番だなということがわかる。私は大体、ある分野の本を調べるときこの手を使うが。

あとユング系からニコルズ『ユングとタロット』が出てる。鏡さんのはこれと『タロット大全』への入門だから、そんなに読まなくってもいいかも(失礼)。これは実占の本ではない。占いに使えるのはA・T・マン『タロット』ってのが出てて、私の見た限りそれがいちばんいいと思った。しかし英米ではあまり知られてませんね・・ あと井上教子のもよさそうですが、現物は見ていない(気軽に注文できる値段ではない)。

ちなみに私の調査した限り、「定番」として登場するのは次のようなものだ。

Joan Bunning, Learning the Tarot.  (同内容がサイトにあり)
Anthony Louis, Tarot Plain and Simple.
Mary K. Greer, Tarot for Your Self.

Sonia さんの推薦は Amber Jayanti, Living the Tarot だったが、これはメジャーアルカナだけである。しかしなんていうかかなりカバラが入っている。現代アメリカのタロットのオカルティズム的背景については伊泉さんの本とかサイトに書いてある。Amber の Tarot for Dummies もなかなかである。(調べるのがめんどうなのでリンクはつけないが、右のサーチボックスで探していただきたい。米アマゾンではいろいろレビューが読める)

友人の占星術師が、「占星術本は日本ではマーケットとして成立しない」と嘆いていたが、タロットもそうで、英語本との情報格差はひどい。言いかえれば、英語が読めればかなりのアドバンテージがあるということでもある。
つまり、日本では、アメリカのように、スピリチュアリティーに関心のある女性が(男性でもいいが)、いわば「霊的な戯れ」としてタロットなどに興味を持つ、というマーケットが十分に成熟していないのかもしれない。そういう人はいまのところ鏡リュウジ程度のもので(失礼)満足せざるを得ないということでは? いや、べつに鏡さんを目の敵にしているわけではなくて、本当は、そのクラス、またそれ以上が二十人、三十人といるような状況を想像してもらいたい、ということですね。鏡さんの場合は、スピリチュアリティーはちょっとした「味付け」程度になっている。一方では、いきなりコアでマニアックな世界に入っている人だったり、とかくこの世界はちょっと人材不足がひどい。

アメリカのタロットは、ヨーロッパのオカルティズムの移入と共に始まったが、それが最近になってニューエージムーブメントに合流するという経過をたどっている。そういうわけで、アメリカのタロットは最初から、自己成長、霊的発達という関心からスタートしている。そういう伝統があるという違いである。女神系、ネイティブアメリカン系のタロットが増えているのも、そういうアメリカの精神状況を反映している。

タロットは大衆文化であるが、映画などと同様、その時の、いわば「魂の底で動いているもの」を明確に映し出すという点で興味深いのである。

占いに関してもっともつっこんでいるのはマリー=ルイーズ・フォン・フランツの『占いの心理学』 On Divination だろう。本来ユングが書くべきだったことを見事に書いている。鏡なんかもこの路線でいってるわけだが、ここから「サイキック」への道はあと一歩。事実上、ユング心理学はサイキックを肯定していることになる・・というのが論理的必然になると思うが、そこをなんというか、あいまいにぼかしている(そして臨床実践ではタロットや易を使っている)というのがユングの世界だ。はっきり「サイキック」といえばいいものを、「元型」などというのは一種の目くらましである。ユングは本当はオカルトだが、それを頑として認めようとしない。オカルトで何が悪いと居直ればいいのだが。それは裏を返せば、近代の科学至上主義を、学問論的に反駁する論理をユング(とユング心理学)が持ちえなかったということでもある。その結果、「逃げ」の姿勢になっているところがあるのだ。

しかしまあ、世の「占い師」たちが、本当にサイキックなのか? といえば、それはまあ、人によりいろいろというしかないですね・・ 私の狭い見聞では、ある程度はある、という人もいることはたしか。

« 占いとサイキック | Main | 偶然との戯れ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

Comments

追加

『タロット大全』だが、「スピリチュアリティーに関する態度が食い足りない」というより、はっきり言ってシニカルである。もちろん、著者は、現代のアメリカ・タロットが「自己成長、スピリチュアル、深層心理学的」なパラダイムであるということは把握しているが、そのものに対しては「まったく共感を感じない」と表明している。つまり彼は、スピリチュアルな次元の「実在」を一度も感じたことがないというタイプの人間である。この本は、実際「タロットに対して全く『神秘』の次元を認めない人間によって書かれたタロットの歴史の本」であるといえる。著者にとってタロットとは「カード遊び」以外の何物でもないのである。

そんなわけで、このブログの読者などにとっては、ちょっとカチンとくる記述の仕方もある。高い本なので(4500円)、衝動買いしないうちに一言ことわっておきたい。私はまあ、研究費で落としたからいいんだが・・ 実際、現在のウェイトタロットができたときの、オカルティズムとの関連を客観的に記述しようとしているところは、資料的価値は大と言える。しかしまあ、図書館で見ればいいんじゃない? 図像学的な歴史ということに関しても、いま、そのカードに深く入っていこうという態度を深めるには、あまり向いていない。むしろこれもかなりアカデミックな知識に属することだろう。学者ではないが、アカデミックな美術史研究という手法で書かれているわけだ。(とはいっても、いろいろな英文の本をもとにまとめあげているわけで、本当の歴史家のように原史料にあたっているわけではないだろう)

なので、この本の、現在のタロットの状況における位置づけは微妙なものである。著者は、日本でのタロットへの関心を三つに分けて、

1,精神世界・深層心理タイプ
2,お気楽占いタイプ
3,科学・哲学的探求タイプ

と分けて(名称は私がつけたものである)、自分はそのどちらでもない、しいていえば2に近いかなと序文で書いている。
アメリカでは1が主流であるが、それに対しては著者はやはり肌が合わないものを感じるのか、「神秘化を打ち消そうとする」という執筆動機がそこにあることは否定できないと私は感じた。反精神世界的なバイアスが目につくのである。「お気楽な遊びでいいじゃん」という感じである。まあ荒俣宏的な軽さということで、そういうのが好きな人にはいいかもしれない。もう少し公平な言い方をすれば、著者は、タロットが「ゲーム-オカルティズム-心理・自己成長パラダイム」という文化的発展をしていったことを正確に把握しているにもかかわらず、その展開についてポジティブな評価をせず、そこから距離をおいて眺めている、というスタンスでいる、ということになる。ただのカードにまつわる人間たちの幻想の数々を楽しみ鑑賞している、といったスタイルだ。そのへんが、好悪の分かれるところである。

私としては、実はゴールデンドーンとかメイザーズとか、そういうのもどうでもいいので、そういう細々した知識はすべて忘れて、ただ、いま出ているこのカードから何を感じるか、というアプローチを好むものである。そういう意味では、こういう本はいらないと言ってもいいのだが、まあ何かの折りに調べるにはいいので、一冊置いておこうということであるわけだ。

追加の追加

しかし『タロット大全』、売れているらしいですね。ということは、こういう姿勢に共感をもつ人が多いということであり、つまり大部分の人にとっては、占いとは「リアル」ではない、つまり「サイキックな現象が実在する」というパラダイムではないことになる。伊泉の「美しいカードにまつわる数々の幻想と戯れる」というタロットへのアプローチが支持されるということは、逆に言えば、先にあげた1のアプローチが日本では主流ではない、という状況を示すものだと思う。珍奇なものを愛玩するという意味での「オカルト好き」にはぴったりの本なのだろう。その意味で「荒俣的」といったのだ。

その意味では、心理的解釈に傾いている鏡リュウジとはかなり立場が異なると思うが・・どうなんでしょう。

Tarot Plain and Simple買いました。たしかにシンプル。デッキのイラストはロビン・ウッド版というものだが、ウェイト版の基本にのっとっているので、ウェイト版の解説としても問題ない。各カードの正位置、逆位置について、Key Words and Phrases, Situation and Advice, People の項目がある。ユング派分析家ということだが、解釈はおおむねスタンダードに近い。これにくらべれば Amber Jayanti のほうがはるかに「スピリチュアル解釈」であるように感じる。しかしコンパクトで標準的という感じである。

パソコン上でのタロットソフトですが、Orphalese Tarotがお勧めです。.NETをインストールしないといけませんが、試してみる価値はあります。シェアウエアで、無制限、無期限の試用つきであり、登録料も13ドル程度です。これを使っているとデッキを使うのが面倒になります(^^;)
いちど試して見られてはいかがでしょうか。

どうもこんにちは、

タロットのソフトもあるんですね! ご紹介ありがとうございます。
私は占星術のチャートをつくるときにはソフトを使いますが、タロットのソフトはもっていません。

で、せっかくご紹介いただいたんですが、たぶん私はリアルなデッキを使うと思います。
というのは、私がタロットを気に入っているのは、その「もの」としての質感にあるんです。スプレッドをするときも、そのカードが手に触れているときの触感を味わうことがとても快感なんですね。デッキを手のひらにおいて徐々にフォーカスを深めていくときの感覚も気に入っています。

易なんかも、筮竹を使ってやるといいんだろうなあ、と思って、今度買おうかと考え中ですが・・

こんばんは

SHさんならそうおっしゃると思ってました。私も大アルカナをのみを使い、5カード+1でスプレッドしているのでデッキを併用していますが、結果をイメージ保存できるのでコメントをつけて保存が容易にできるこのソフトを使っています。
質感の問題は如何ともしがたく、この種のソフトの問題点だと思います。では失礼します。

こんばんは(実名の部分を変えさせていただきました。いまさらですが、いちおうこのブログの習慣なのでご了解ください)

タロット・データベースソフトとしては使えそうですね。できたら、任意のカードを選んでデータベースとして入力できればいいんですが。それといろいろデッキを変えられると楽しいですが、著作権の問題があるからどうでしょうかねー

いま「ユニバーサル・タロット」を使ってますが、手触りがよろしくて気持ちいいです。このデッキには安らかな波動があります。でも、いろいろ波動の違うデッキを集めるのもいいかなと思います。

タロット本にはよく「専用のノートを作れ」と書いてあるので、私もタロットノートをつけています。タロット以外のことを書かないのがよろしいようです。でもここで画像があればたしかにいいですよね。

それでは、

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 占いとサイキック | Main | 偶然との戯れ »

September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ