« 復刊シリーズ: 身体感覚の文化 | Main | アロマスプレーなど »

ゆる体操

また最近、高岡英夫の体操を再開している。というのはくたびれているときなど、いちいちヨガマットを出してきて本格的なヨガなどをやる気にはならないので、もっと手軽にできる「ゆる体操」だけでもやっておくという道に走っているわけである。『図解トレーニング・身体意識を鍛える』に出ている「黄金の3点セット」など、やっているうちにいつしか寝てしまっていることもあった。で、今後また『高岡英夫のDVDでゆる体操』てのを買ってみた。いや、これはすごくいい。DVDもついてて1300円とはお買い得である。朝日出版社から出ている『ユル』という本も眺めてみたが、こっちのDVDつきのほうがはるかにいい。説明も、どういう身体意識に関連しているとか、骨や筋肉の動きとかも書いてあって、懇切丁寧である。『身体意識を鍛える』とか『歩き革命』に出ているエクササイズはけっこう高度なものもあるので、まずはじっくりとこの「ゆる」をやってから取り組んだ方がいいのかもしれない。私はほかの本では十分に「ゆる」のやり方をつかめなかったところがある。このDVDでは特に高岡氏が「フワー」とか「ドサー」とかいう音をどう発音しているのがわかったのが面白かった。こういう擬音をいわば「マントラ」として用い、ゆるみ効果を高めるというところがゆる体操の特徴の一つなので、発声法は参考になる。もちろんその通りにしなくてもいいのだが、一種の感覚としてである。

私がいまレパートリーとしているのは、ヨガ、ピラティス、太極拳、各種メディテーションなど多岐にわたるのだが、ゆる体操はもっとも基礎的なレベルのものと位置づけられる。たぶん、野口体操がやっているような世界にひじょうにわかりやすく入っていける方法だろうと思う。

« 復刊シリーズ: 身体感覚の文化 | Main | アロマスプレーなど »

ヒーリング」カテゴリの記事

身体論」カテゴリの記事

Comments

はじめまして、翻訳業およびインディーズ・レーベルのマネジメントをしている者です。『魂のロゴス』からは示唆を受け続けて来ました。「スピリチュアル知識人」にリストされた方々の著作はおおよそ読破してしまうほどに、です。私自身も日々ヨガに勤しんで、身体感覚から微細な世界を感じています。それから、バッチ博士のフラワー・レメディは、紛うかたなき本物だと、その効用に驚いてもいます。これからも、拝見させて頂きます。私のblogもご一読頂ければ幸甚に存じます。吉祥を祈念しつつ…。

T.D.

tropical_dandy さん、はじめまして
「スピリチュアル知識人」ですか、そろそろあれもアップデートしなくてはいけませんね。もっとも最近は「知識人」ではない人のほうがおもしろかったりしますが・・ ちょっと「霊性学入門」のHPまで手が回っていないので、だいぶ更新してません。
ともあれ、これからもよろしくお願いします。

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 復刊シリーズ: 身体感覚の文化 | Main | アロマスプレーなど »

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ