« よもやま話 | Main | エネルギー転換 »

2004.12.31

押しつまったが

今年も押しつまったが、身辺多事なので、あまりゆっくり年越しの気分ではない。落ち着くのはもう少し先になる。

これまで書いたことで、このようなページを持っていることについてはいろいろなことがあることはわかったと思う。問題の人もまだこのブログを見ているかもしれないが、胸に手を当ててみればわかるでしょう、アナタのことです。もう二度と、変なメールを一方的に送ったり、自宅に電話をかけたりしないでいただきたい。『魂のロゴス』も読んでなかったり、あるいは理解できなかったりする人と何かお話しする理由はないのです。そういう方とはメール交換することもないし、絶対に返事はしないから、二度と送らないでもらいたい。よろしいですね? 今ここで、アナタとのエネルギーラインを切断します。さようなら。

・・とはいうものの、身辺多事というのはそのことではない。その点は誤解しないように。プライベートな問題なので、書く必要はなかろう。私もしばし停滞期にあったような気もするが、来月くらいからかなり変わってきそうな予感だ。

いずれにせよ、根本的に重要なのはただ「光とつながること」だけだ。それがわかれば大半の問題は解決する。それにもやはりトレーニングはいる。心だけでなくて、身体的にも十分にゆるんだ状態を保持する必要がある。変なものを引きつけたとしたらそれは自分にも責任がある。もっと光の回路を強くしなければ。

アイリーン・キャディのOpening Doors Withinが最近よく開く本の一つ。ポジティブエネルギーの流れてくる「窓」の一つだと思う。

« よもやま話 | Main | エネルギー転換 »