« 雑談だが | Main | マニアではないオーディオの話 »

スピリチュアルと日常

このブログに本の情報を期待している人もいるかもしれないが・・最近、ほとんど読んでいないんですよねえ。読むのは、The Penguin Guide to Compact Discs & DVDs だったりして(これは読むとはいわないか)。さらにこれからレポートを読まねばならんわけで・・ 本と言えば、先月は持っている本の15%ほどを整理した。本は多く持っていればいいというものでもなく、波動が合わなくなっている本は早く手放した方が好ましい。今回は委託販売をやっている古本屋に引き取ってもらった。洋書も引き取ってくれたのでありがたい。ま、ちょっと読んでいないこともないのだが、ここで書くのは適当でなかったりもするので(と、思わせぶりだが、たいしたものではない)。

しかしきのう紹介したメルモンのピラティス本はほんとにいいと思うぞ。スピリチュアルにも、深部筋肉を鍛えることの必要性は痛感しますね。というのは、霊的なエネルギーの循環や活性化ということにも関連しているらしい。ピラティスに関しては、ヨガのウッディヤーナバンドハとかナウリなんかの技法とも類似性があるような気がするがどんなものであろうか。メルモンのピラティスビデオ、DVDも出ているが日本制作なので値段が高い。メルモンの本は英語の翻訳かと思ったらそうではなく、英語ではメルモンの本はまったく出ていない。これはメルモンに監修を頼んだ日本独自企画らしい。

話は変わるが、ふと江原の『スピリチュアル・ブック』をぱらりとめくったら「適職と天職は違う」ということが書いてあったが、たしかにそうかもしれない。たしかにそれが一致する場合もあるが、数としては別であることが圧倒的に多いと思う。私にしたって、お金を得ているのは教師業であるので、自分がやりたいことのみで食えているわけではない。研究者ってったって、実情としてはさまざまな制約の中でその中で自分を合わせていくという要素は必ずあるので、本当にやりたいことのみができている人なんてどのくらいいるであろうか。特に人文系、精神的なことになるほど、やるべきだと考えられていることと、実際にやろうとすることのギャップを強く感じることが多いものである。基本的に、スピリチュアルなこと、自分自身の魂的、霊的なことの探求と生活することを結びつけることはやめた方がいい。そういう場合もある、しかしそれは自分よりも大きな意図によって決定されることで、自分で選ぶことはできない。

学校なんかも、哲学科なんかに入ったとしても、自分が期待するものを得られる確率は10%もないので(結局そういうことはよい教師とのめぐりあいしかないので、ブランドも専門も関係ないのである)、学校ではまずは社会に出て役に立つスキルを身につけることを中心に考えるべきである。あとは個人的探求か、ひょっとして教養科目なんかでいい教師と出会える可能性があるかも(あまりないが)、というくらいでいいのだ。哲学なんかを専門にすると結局は自分のやりたいことと要求されることの矛盾で苦しくなってきますよ。宗教学もそう。あんなものに近づいては駄目。苦しくなってやめようとしてもつぶしがきかなくなる。危険すぎる賭である。それよりも、自分がある程度楽しくできて世の中の役にも立つような職業を先に決めた方がいい。まあ、社会とのかかわりを拒否してひたすらに霊的探求の道に進もうというような人は、このブログなど読む必要はないであろう。そういう人は、自分がどういう道を進むものであるか明確にわかっているはずだからだ。とはいっても、現代社会では宗教団体に入らない限り、そういう道は事実上存在しないと思う(最近では「ヒーラー」というのもあるが、それだけで生活するだけになるのは大変だ。これも天命によらずしては成立しない)。だから大部分の人にとっては、自分の霊的成長をサポートしうる環境になるような職業生活を選択するということは、かなり重大な問題になるのではなかろうか。たとえば自分の勤める会社がアコギな商法でもうけていることを知りつつ、その傍らで霊的修行などをやってもしかたがない。同時にまた、本格的なクンダリニーヨガのように、本来出家者のために作られている修行をふつうの現代人がやることも問題があるわけだ。

まあ、基本は「スローライフ」であろう。毎晩帰宅は11時なんていう生活でスピリチュアルとかいっても限界がある。ある程度スローでかつモラルある職業生活(他人から何かを奪うことで自分たちの利益が成立するような商売ではないということ、あるいは、人の低次元の欲求を刺激することで商売が成り立っているのではない、ということなど)が、スピリチュアルな生活をサポートする環境といえるのではないか。スピリチュアルというのは家に帰って瞑想している時だけのものではなく、朝起きてから寝るまで(本当は寝ている最中もだが)、自分が何をやっているかということを全部含む。スピリチュアルと日常生活との分離は、私ももっとも嫌うところである。

« 雑談だが | Main | マニアではないオーディオの話 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ