« 「霊性学入門」はアクセスできません | Main | また映画の話 »

2005.07.02

どうでもいいこと

最近、あまりアウトプット・モードではない。「日記」は、毎日ではないが、ふつうのノートに書いているので、それでほとんど充足してしまっていることもある。実は、このようにwebで書くのはまずいような内容がかなり多いのである。かなりぶっ飛びなのである。

先日、ついにオフィスにあるスピーカーをボーズからタンノイに変更。私はどうしてもボーズの音が好きになれなかったので、アットホームなタンノイの音に戻ってきてほっとした。ボーズのAM5IIIだが、正直言っていったいどこが音がよいといわれているのかよくわからない。音の定位が全然悪かった。特にオーケストラはかなり厳しいものがあった。さらにそれ専用のスピーカーブラケットというものが、まったくカッコはいいのだが軽量のためやたらグラグラして用をなさない。もっとも、このスピーカーは中古なので、元のオーナーの鳴らし方で癖がついていたのかもしれない。解像度も悪ければ低音もたいしたことない。ともあれ、ペアでわずか25000円もしないというフュージョン1の方が圧倒的にいい音だと感じる。まあこれも好みの問題ではあろうが。そんな悪口を言いつつオークションで売るかもしれなかったりする。

ボーズといえば私はウェーブレディオも持っていてそっちはパソコンをやるときのBGMなどを鳴らしている。こちらはクラシックはほとんどなく、アンビエント、ヒーリング、それと小野リサしかかけない。ほんというと音のバランスという点ではウェーブレディオの方がAM5IIIを上回っているような・・あるいはこれはAM5IIIはセッティングがむずかしいということかもしれない。ウェーブレディオの方はかなりおすすめできる。ただオーケストラはちょっと厳しい。アンビエント系かボーカルが向いていると思う。

« 「霊性学入門」はアクセスできません | Main | また映画の話 »