« 夏休み | Main | 「のだめ」人気爆発中・・らしい »

夏の総括・・というほどでもなく

最近はマリナーによるバッハ・管弦楽組曲がお気に入りのBGMとなっている。これ、1980年代くらいにLPで聴いていた記憶があり、その音がふと懐かしくなって注文してしまった。マリナーの録音は何種類かあるらしいので迷ったが、まさに「その音」であった。ハイデッガーではないが、「存在への郷愁」への気分に浸れる曲。80年代の私はこれにどれだけ助けられたかわからない。

3枚組でブランデンブルグもプラス千円でついてくるというのでそれにしてしまったが、実際ブランデンブルグは余り聴かないので、管弦楽組曲だけの「duo」でもよかったかもしれぬ。

B000065TV3Bach: Brandenburg Concertos; Orchestral Suites
Graham Sheen Denis Vigay Johann Sebastian Bach
Philips 2002-06-11

by G-Tools

ところで・・ 夏休みの成果は? というと、

「北の国から」 最初の連ドラシリーズからスペシャル版まですべて、ビデオ21本を完全制覇! これはすごかった。7月31日から始めて8月21日まで22日間かかった。夏休みでなければ不可能な企画である。これは、夏休み前に見た映画「四日間の奇蹟」の流れで、吉岡秀隆つながりで「Drコトー診療所」を見、さらにそのつながりで「北の国から」になだれ込んだわけです。これはやはり最初の24回連続ドラマが重厚で、これを見ないと後のものも完全にはわからない。スペシャル版では特に「87」「92」「95」がクライマックスだが、そうはいっても途中を飛ばしてはよくわからなくなるので全部順番に見なければならない。「98」はちょっと長すぎだと思うので全部で3時間半くらいまでにつづめたほうが緊張感がもっと出るのではないか。草太が死んで螢が結婚するというだけしか出来事が起こらないのに5時間とは・・これではワーグナーも真っ青である。でも「2002」の比較的静かな展開、その終わり方もなかなか余韻を残す感じで好きである。(なお、87まで行ったときに「あとのは暗い話だから見なくていいよ」という親切?な忠告をくれたMくん、はっきり言ってアナタは性格悪いですよ。もう少し素直な気持ちというものを、倉本センセイから学びましょう)

しかしこれのDVD版は売るのみでレンタルしていない。しかも、VHSでは1巻に3話入っていたのにDVDでは2話のみで12本もある(最初の連続シリーズ)。これってあからさまなモウケ主義・・ フジテレビ、制作部門はともかくも営業部門はいただけない。

で、そのあとついでに、倉本聡の流れで、

「優しい時間」 も制覇。といってもこれはDVD6本(1本90分しか入ってない)なので楽勝だが。「コトー」は倉本の弟子の脚本家によるもので、これもいいと思ったが、さすがに師匠である、これだけの完成度を持つドラマはそう簡単にお目にかからない。その感想は・・「自然や、音楽や美術などの作品も美しいが、人の持つ純粋な思いもまた、美しいものである」という感じ。

倉本さん、ちょっと説教くさいところがあるので嫌いな人もいるかもしれないが、「北の国から」「優しい時間」に関してはやはり他を寄せつけないレベルの高さを持っている。

ついでに、

「のだめカンタービレ」既刊12巻制覇! ・・って何じゃそれ? という感じだが、まあ、クラシックのお話ですから。この度ついに千秋真一がCDデビュー、R☆Sオーケストラによるブラームスの交響曲第一番のCDが2800円で出る・・いやマンガではなくてマジにリアルワールドで発売されるというのにはびっくりである。それも予約が殺到しているとのことだが・・ まあ「ヒカルの碁」で碁がはやったようにこれでクラシックに興味を持つ人が増えるのはけっこうなことである。でもブラームス一番は初めて聴くにはハードだと思うよ。私はモーツァルトから入るのがいちばんいいと思うが、まあよけいなお世話か。それとオーディオ装置だって多少ましなものでないとダメなんだけど、この話を書くときりがないからやめておく。

どうでもいいことだが、これのサブキャラクターでは「ハリセン先生」がけっこう好きだったりする。
私自身にも少しあてはまるかもしれないのだが、かなりの才能を持ちながら、欲がないというか、向上しようという意欲がなかなか出ない人というのは多いんですね。やっぱりハリセン先生のような人が世の中には必要ですよ。ハリセンとの出会いがなければ、のだめの将来は開けなかったわけでしょ?

・・というわけで、こう書くと、遊んでばっかりのようだが(笑) それからオペラのDVDで「ドン・ジョヴァンニ」と「コシ・ファン・トゥッテ」「フィガロの結婚」のモーツァルトシリーズも見ているぞ。バレエの「ラ・シルフィード」のDVDも。まあ、マジメなお話は、今回はおいといて・・ということで。

« 夏休み | Main | 「のだめ」人気爆発中・・らしい »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ