« 栗田氏の気功法 | Main | ローコストの身体技法 »

「四日間の奇蹟」ふたたび

ひさびさだが・・映画「四日間の奇蹟」のDVDがレンタルされているので借りてみた。
これは映画館で一度見ている。そのときはかなりのインパクトを受け、もう一度見ようと思っているうちに、あっさりと終わってしまった。興行的にはヒットとまではいかなかったようだが、最近の日本映画に時々現れ始めている「魂」をテーマにしたよい作品なのだ。今回、すでに一度見ているし、また映画館と違う環境なので、最初に見たときほどの集中力はないのだが、そのぶん、監督の表現意図についてはかなり伝わるものがあった。最後の方で「月光」が弾かれるところがやはりクライマックスなのだろう。これは、この曲自体が持っている力というものもかなり影響がある。というより、「月光」の持っている深さを映像によって引き出そうとしているとも言うべきか。このシーンはかなり長く続くが、「ガンバレ、ガンバレ」という感じである。「もっと、もっと深く下りていくんだ、『生きている』ということの根底へ・・」という思いが浮かぶ。この作品自体が、あることの根底へ近づこうとして必死の努力をしている、という感覚であった。そういう強いエネルギーが印象に残った映画である。つまり、表現しようとしていることがふつうの作品よりもはるかに深いところにあるので、その意味で「志の高い」作品だと言うことができる。

最近の世相の中ではなかなか恥ずかしくて口に出しにくいような「クサイせりふ」も連発されたり、千織と真理子のイメージが交錯したりと、表現的にはかなりの冒険であったと思う。それを一つの作品世界として、見る人に違和感なくまとめきれるのか。監督はかなりのリスクを承知で賭けに来ている、という印象があった。

« 栗田氏の気功法 | Main | ローコストの身体技法 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ