« 自動車保険 | Main | 『科学と日常性の文脈』 »

どうでもいい話だが

自動車保険は、結局、全労済を継続することに決めた。というのも、ソニーは全労済からの引き継ぎだとインターネット割引きが使えなくなるため、それだとほとんど保険料が変わらなくなるのだった。だとすれば、乗り換えるのもめんどうだし、前の事故のときの全労済の対応にはべつに不満はなかったということもある。それとソニーのサービスセンターは他の通販系より多いとはいえやはり関東なので、その点がどうかなあ・・という所も。まあ外注で契約してる人があるんでしょうけどね。というわけでもう一歩乗り換えのエネルギーが出ず。ためしに同条件で損保ジャパンのWEB見積もりをしてみたら13000円くらい高かった。東京海上なんかもそんなものだろうから、共済やソニーはそれでも安いわけだ。

さて・・目前に迫るのはセンター試験。実はうちでは本会場になるのが今年初めてなので、学内にはやや緊張が走っております。日頃ぐーたら生活を送っているので、二日間の長丁場を乗り切れるか。まあ監督は、問題を解くより楽には違いないけれど。

そういうわけで、年末にアンリの原語読解に「タイム」が入って以来そのままで、このところあまり勉強しているとは言えませんな。少し仕事が片づいたら、アンリのほか、現象学からの空間論とか、空間デザインへの展開といったところを勉強してみたいと考えている。たとえばボルノオとかバシュラールの「空間の詩学」なんて、ずいぶん昔に読んだけれども、ああいうのを新たな視点で、ということ。つまり、スピリチュアルというのは心の問題ではあるが、心の問題ということは「何をもって美しい生活というのか」という問題でもあるのだ、ということだ。したがって、スピリチュアルに目覚めた人々は、自分のまわりの世界を少しずつ美しいものにしていくようになる・・はずなのである。本当に美しい生とは何なのか・・というイデー(理想といってもいいが)は、文明というものの基礎なのではないか。お金をたくさん儲けた人が偉いという社会になってはもはや文化はオシマイである。なーにが「勝ち組」だ。笑わせちゃいけないということである。

« 自動車保険 | Main | 『科学と日常性の文脈』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ