« ようやく復活 | Main | メールフォーム »

スピリチュアル思想超入門

・・と、ほめたと思ったらすぐ、一太郎はフリーズの連発。プログラムの再インストールまでしたがだめで、どうもファイルそのものが怪しいらしく、全文コピーで新規ファイルに移し、保存し直したら治った。人騒がせだが、覚えておいていいリカバリー手法である。

一太郎が重いという印象があったのはWindows3.1や95の時で、いまはマシンパワーも上がっているし全然問題はない。ふりかえると、パソコンの環境が成熟してきたのはWin98くらいからだろう。実はこのマシンもWin98であるが、インターネット、ワープロ程度なら何の問題もなく使える。98が出るまでは過渡期であって、コンピュータがめざそうしている理想とマシンパワーとの間にギャップがあり、あの数年間は1,2年ごとにマシンを買い換えなければならなかったように記憶している。486SX33, 486DX2-66, Pentium133などと買い換えたがすぐに使えなくなった。ところがWin98が出てすぐ買ったマシンは、メモリの増設をしただけで7年も使える。数ヶ月前のWin95モデルを買っていたら1,2年で買い換えなければならなかったろう。過渡期と安定期というのはこうも違うものか。いまから思うに、このWindowsの過渡期にはMACで過ごし、Win98以降の安定期になったところでWindowsに乗り換える、というのが最も賢かったようだ。しかしこの早い時期からインターネットなどもやりHPを立ち上げたりしたことから、いろいろな出会いがあって今日に至っていることも事実なので、コンピュータへの投資は無駄ではない。いまはこれ以上不必要な投資はいらないという感じだが。ただ、無線LANやプリンタ複合機などで「Windows98SE以上対応」というのがぼつぼつ出始めて、もうすぐおしりに火がつく可能性はある。

ともあれ最近は地味に過ごしているが、時間がとれる時期になったので、少し原稿にも着手している。今度のは「魂のロゴス」と内容的には似ているが、もっと一般読者向けのものである。江原とか坂本などでこういう世界に興味を持った人々を主なターゲットにして、実はそういうことはマイナーなぶっ飛び話ではなく、東西の伝統に根ざした「思想の本道」とつながっていることなのだ、ということを示す、というコンセプトである。いわば「スピリチュアル思想超入門」といった感じ。これはアカデミズムの権威でハクをつけるという意味ではなく、思想本来の力を回復させるということ。つまり「人間はどこから来てどこへ行くのか」という問いへの取り組みが思想であったはずだし、宇宙とは何なのかというヴィジョンでもある、ということだ。一方で、ここのところの現象学への取り組みも反映されると思う。

« ようやく復活 | Main | メールフォーム »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ