« 『科学と日常性の文脈』 | Main | スピリチュアル思想超入門 »

ようやく復活

山場のセンター試験もなんとかノートラブルで乗り切り、そのあと代休なしで講義の最終回などが入り、ようやく落ち着いた。現実的に、ある程度まとまった時間が取れないと長いものを書き下ろしていくことはむずかしい。結局のところ冬休みにやりかけたところから再スタートである。

私は縦書きでないと思考できないので、最近はもっぱら「一太郎2004」を使っている。これは実際よくできている。このところ一太郎のシェアは落ちていると思うが、Windowsが出始めた頃の一太郎はたしかに使いにくく、ワードが数段勝っていた。その後のバージョンはやたらに重かったので、見切りをつけてワードに乗り換えた人が多かっただろうと思う。私が使ったのは6,9,13と2004だけだが、13では見違えるくらいよくなっていた。2004では普通の文章を書いている限り(画像バリバリだとわからないが)、特に重いと感じることもない。ここのところは横書きの事務的文書はワード、縦書きは一太郎と完全に使い分けである。石川九楊の『縦に書け!』ではないが、文章を縦に書くか横に書くかは決してどうでもいいことではないので、このような物質的条件は精神にも影響を与える。それを感じないほど鈍感にはなりたくないものである。

もっとも私はMSオフィスの方も特にバージョンアップする必要を感じないので、ワードは98、エクセルとパワーポイントは97である。最新のファイルも読み込めるし私の業務には全然問題ない。

新しいパソコンもそろそろ買おうかと思うのだが、とりあえず私のやろうとすることは間に合ってしまうので、なかなかモチベーションが出ない。買うならメーカーの直販サイトで、最低限のスペックを選んで安くあげるつもりだ。文書作成がメインということならば静音性も重要なポイントである。だからデスクトップは対象外である。

ま、とにかく、「何でどう書くか」はどうでもいいことではないのだ。日本語入力の環境ということではかなり気にしている。ATOKだけは最新のものにしたりする。

« 『科学と日常性の文脈』 | Main | スピリチュアル思想超入門 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ