« 宇宙モデルの話 | Main | エネルギーワークについての随想 »

導きについて

ネットの情報には注意しなくてはいけないんだが、たまに面白いものを見つける。今日は、ある女性ヒーラーの過去2年くらいの日誌みたいなのを見つけた。彼女はレイキのヒーリングルームからスタートしたのだが、次第に「導き」に従って、より霊的な経験と浄化のプロセスに入っていった。天界にいる臼井先生など、その他いろいろなガイドや高次元存在とのコンタクトによる導きが詳細に書かれている。そこでついに彼女はいままでのレイキシステムとは異なるエネルギーとシンボルを「伝授」され、そのアチューンメントを始めることになったのだった。

欧米にはよく「発展系レイキ」というものがあり、それらはみなある霊的なコンタクトによってもたらされたものと言われており、カルナレイキやセイキムレイキなどもすべてそうである。欧米では珍しいことではないのだが、日本人でもそのような霊的プロセスによって新しいエネルギーを「降ろす」というような経験をしている人がいるということは初めて知った。しかもそのプロセスが詳細に記録されていて、そこでの自我による抵抗や、身体的心理的な浄化プロセスなどもわかる。それにしても最近書いてあるものなど、世間的基準から言えば、モンローや坂本政道も真っ青なほどのぶっ飛びであろう。しかしそれは世間が無知なだけで、実際に霊的な使命を持っている人の生き方というのは本当にこういうものなのである。私は他にもいろいろ例を知っているからわかる。この前あげた佐藤美知子さんだってこの程度のことはいくらも体験しているはずだ。「導き」ということが存在するのは本当なのだ。普通の人はそこまでスゴイものではないかもしれないが、導きということは誰にも必ずあるのである。自分に起こっていることには理由がある、というのはそういう意味であろう。ともあれ、ヒーラーとして成長していく過程が詳しく描かれていてたいへん興味深かった。そういうことが変な目で見られるような世の中が早く変わってもらいたいものである(そのために私も少しは働かなくちゃね。その前に自分自身の浄化がありそうなのだが・・)。

« 宇宙モデルの話 | Main | エネルギーワークについての随想 »

霊性関連」カテゴリの記事

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ