« 映画の話から、ヘンな話に・・ | Main | 玉城康四郎『生命とは何か』 »

『医療崩壊』と、行き過ぎたコントロール欲求

小松秀樹『医療崩壊』って本を読んだ。なぜそんな本を読んだかという経緯はいろいろあるのだが・・

福島の産婦人科医師が医療ミスだとされて逮捕・起訴されたというのでかなりの反響を呼んでいる。その医療ミスとされたケースが、ほかのほとんどの医師でも救命が困難だった難しいケースで、それで逮捕されてしまうんじゃ医者やってられない、という医師からの抗議が続出したのである。それについてはいろいろWEBの情報もあるのだが、警察はなんと回診中に患者の目の前で手錠をかけて連行したとか・・なんとなく、警察は乏しい医療知識から勝手に、これは慈恵医大青戸病院事件と似ていると決めこんで、手柄をねらったスタンドプレーのにおいがするようだ。

山崎豊子が『白い巨塔』を発表した頃は医療過誤で患者が勝訴することなどまずなく、そういう意味で社会的反響を呼んだ。この小説は第一審で財前が勝訴するところで終わっていたが、反響が大きすぎて続編が書かれ、第二審で敗訴という筋書きに変えたのだという。

実はこの小説は読んでいなくて、昔の田宮二郎版ドラマのDVDを見たのだが、それを通してみても、医療過誤の判断は難しいと感じた。第二審では「大学病院の医師には通常の医師にも勝る注意義務が課せられるべきである」などとしていたが、このような理屈が認められるものだろうか? 

患者が死んだあとになっていろいろ調べ、あのときああしていれば助かったかもしれない、というようなことは、つつけば無数にあることで、その時その治療法を選択しなかったのが正しかったのか、それは結果論という要素もある。しかし今、そういう医療訴訟がものすごく増えており、裁判ではかなり患者に有利な判決が出やすくなっているといわれる。患者側の弁護士はどんな医療行為にもある「あのときああしていれば」を徹底的につつき、その医者がいかに無能で悪辣であったかという印象を裁判官に与えようとする。『白い巨塔』発表時とはまったく社会情勢が違っている。あのときは医療ミスの隠蔽を暴くというのが社会正義だったかもしれないが、今の現実はそうではない。

そこでこの『医療崩壊』の著者は、医者側と患者(そして多くのマスコミ・警察・裁判所など)との間に、医療行為というものに対する超えがたい認識ギャップがある、と指摘する。

つまり、現場の医者は、医療というものは「やってみなければわからない」ものだと思っている。医学というのは、「このような症状に対してはこの治療法をすれば○%の成功率がある」という確率で示されるものでしかない。同じ症状に同じ治療をしても人によってまったく違う経過を取りうるし、また、予期しない合併症というものは必ず起きうるのであり、その可能性をゼロにはできない、と理解している。

ところが最近の医者でない人々は、医療に対して過剰な要求をしているという。つまり、「ミスがない限り病気が治ってあたりまえだ」と考えている。治らずに死んだりすればそれはどこかミスがあったに違いない、という発想になるのである。そこで死の責任は医者にあると考え、激怒する。そこで訴訟になるというケースが多いようである。

もちろん実際に医療ミスというものはある。しかし訴訟になる事案の半数以上は、医者にとってみれば普通の医療行為をしたが、結果的にうまくいかなかったというケースであるが、患者や遺族がそれを納得しないというものである。医者がもっと「名医」であればあるいは救えたかもしれない。そうかもしれないが、そういう少数の名医を基準にして普通の医者を裁くことができるものであろうか。

つまり問題の根底をさぐってみると、そこには生命感覚の変化という文明論的問題がひそんでいるということになる。つまり、人々は、生命現象がコントロール可能なものだと考え始め、その役割を医療に要求するようになってきたのである。コントロールの失敗は、医療がその役割を果たしていないからだと考え始めた。それが問題の根本にある。『医療崩壊』はそこまで掘り下げている。この問題がスピリチュアルの問題であるということがやっとわかってきましたか?

医学は科学かもしれないが、医療は科学ではない。医療の現場というのは、「やってみなければわからない」し、緊急を要する場面では、「いちかばちか賭けてみる」というような決断が必要とされることもある。そのことは第一線に立っている医者なら誰でもわかっていることなのだが、一般の人は医療が科学だと思っていて、「こういう状況ではこうする、そうすれば必ずこうなる」という因果関係で決まるものだというイメージを持ち、したがって、ある状況の下での「正解」というものが必ず存在する、というふうに感じている。その正解を見つけて当たり前であって、正解を得られなかったらそれは失敗なのである。つまりは普通の人々というものがかなりもう○×的思考に慣らされてしまっているのではないか? そして最近は裁判官までもが「いちかばちか、などというのは無責任の極みで言語道断」なんていうイメージを持っている。社会全体が滔々として、生命現象がコントロール可能なものだという「幻想」へと突入しているようにも見える。医療だけではない、世界のすべてが管理可能であって、すべての問題にはそれに対する専門家がいて、彼らが責任をもって何とかしてくれて当たり前だ、というふうに世界を見るようになってしまっているところがある。これは、つまりは「未知」の感覚の喪失だと思う。世界が「既知」のみによって形成されているという錯覚が生じたのは、教育の問題なのか、マスコミのせいなのか。

医療は不確実なものである。それを医者でない人がわかっていないということが、医療の崩壊をもたらしている。これが著者の論点である。
特に、医療に対して原発なみの確実性を要求して騒ぎ立てるマスコミに対してはかなり不満が蓄積されているらしく、かなりの紙数をさいてマスコミ批判をおこなっている。

慈恵医大青戸病院の事件についても詳しい情報が載っている。それによると、あの事件での直接の死亡原因は、技量の未熟というより輸血の遅れであり、それには輸血に対する病院側のシステムに問題があったとされている。また、たしかに技術レベルが上の手術に無理に挑戦しようとしたところはあったが、それは担当の三医師だけの問題というよりは慈恵医大全体の体質的な問題であったことが示唆されている。青戸病院では同種の手術での過去の成功例は一例しかなく、この事件と同様に大量出血したケースもあったのだ(輸血により救命したが)。したがって、マスコミが医師個人の資質の問題として、極悪人という印象を与えようとする中で、病院側も個人の問題として責任を取らせ、病院や大学全体に責任が波及しないように、いわば「切った」のではないか、と著者は推測している。

そのほか、『白い巨塔』でおなじみの大学医局の閉鎖性にも触れており、教授になる人は論文の数を稼いではいるが手術ができない人も多い、など、医学界の問題もかなり言いたいだけ言っている。決して医者仲間でかばいあうような本ではない。

もっとも医者たちが危機感を抱くところは、警察・検察・裁判所などという公平であるべき機関が、マスコミと同様に「医療の不確実性」を理解せず、確実性を過度に要求するいまの患者側の肩を持つケースが多くなっているということのようだ。「あのときこうしていれば助かったかもしれないじゃないか」とつっこもうと思えばつっこめる、というケースはすべての医者にたくさんあるので、そこで有能な弁護士が向こうにつけば、とんでもない無能医師という印象を裁判官が抱いてしまうことがありうる。さらに民事の賠償請求だけでなく、刑事被告人として処罰される危険性さえ出てきている・・というのでは、産婦人科のようなリスクの高い医療をめざす医者は激減してしまう。特に産婦人科では、「母子ともに無事に生まれて当たり前」という社会通念になってしまっているので、一定の確率で存在するリスクというものまで医者の責任にされる傾向が強い。そのためもあって産婦人科の医師は減り続け、地方では産科の病院が激減するという産科崩壊現象が始まっているのである。

生と死をコントロール可能だとする思考が蔓延するという状況は・・文明としてどこかが異常になってしまっているのではないか。
なんか、水洗トイレの普及とつながっているような気がしないでもない・・

もう一つ、指摘したいのは、遺族が「死を受け入れない」ことによる「怒り」の感情を抱き、それが医者側に転嫁されている可能性があることだ。「怒り」と言えば、キューブラー=ロスの死の五段階という話で有名である。その怒りの段階に固着してしまって前へ進めない。

医療裁判で、「これが無罪になるのだったらこの子の無念は晴らせない」なんて親が発言していたが、そりゃちょっと違うのでは? 死んだ子どもが無念だなんてなんでわかるんでしょう。これははたから見れば、親が「死に納得できない」という感情を、間違った方向へ解決を求めているように見える。

それから花火大会の時の事故では、「関係者が無罪なんだったら、親である私に責任があるということになる」という発言があった。これって本音というべきか・・ 子どもが死んだ責任が自分にあるという考えに耐えきれず、むきになって他人の責任を追及しようとしていた? という印象を与える発言ではある。

自分が子どもを守れなかったという悔しさ → 責任があるとする他人への怒り、攻撃

というパターン・・これってよく見ると、テロ事件のあとのブッシュ大統領の反応そのものだ。「国民を守るべき立場の自分が、守れなかったという屈辱感、悲しみ」→「テロリストへの激しい攻撃」。これは多くのアメリカ国民の感情でもあり、それに乗ったということでもあるが。

激しい攻撃、怒りの根底には無力感や悲しみ、屈辱感などがあることが多いといわれている。
ブッシュの影には、何百万人ものプチ・ブッシュがいるっていうことだ。

そこで昨今のマスコミが主導する「医者たたき」の雰囲気に乗って、家族を失った人が、それを受け入れることができないことから来る怒りを、医療関係者へぶつけるというタイプの医療訴訟が頻発するようになったのかもしれない。そしてまた、そういう一方の当事者側の報復感情に全面的に感情移入するというマスコミの体質もちょっと問題がある。言うまでもなくそういう論説をのせたほうが「売れる」のである。あるいはそれをのせないために「売れない」ことへの恐怖があるのかもしれない。マスコミ関係者だって、うちだけが書かないと売れないという恐怖があるのだとすれば、世の中の人ほとんどがみんな恐怖にもとづいて行動している社会なのか? っていう感想も浮かんでくるが・・

世界というのは、非論理的なものなんですよ。その根本的なところに勘違いがあるのではないか・・
すべてが管理可能と考えるところから、過度の責任探しが始まる。
すべての人が、責任を追及されるのではないかとびくびくしている社会ってのは、究極の管理社会であるかもしれない。

4022501839医療崩壊―「立ち去り型サボタージュ」とは何か
小松 秀樹
朝日新聞社 2006-05

by G-Tools

« 映画の話から、ヘンな話に・・ | Main | 玉城康四郎『生命とは何か』 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ