« クリスタル | Main | 本のエネルギー »

2006.09.28

『人生のしくみ』

まだ読んでなかったことを思い出し、越智啓子の三冊目の著書『人生のしくみ』を読んでみた。

こちらは最近のエンパワメント本に比べるとある程度「内容」もある(最近のは内容よりただ「エネルギー」だけみたいな本が多いが)。特に注目なのは「光の仕事人」という章。これは統合失調症とかそういう病気の人は、実は「向こう」の人々に光を送るという仕事をしているというケースもあるんだ、ということが書いてある。この世的に見れば何の役にも立ってないように見えて、実は霊的には重要な仕事をしているということがあるということ。

実際に病気持ちの人はぜひ一度そこだけでも読んでみることをおすすめしたい。

それからアロマやクリスタルのレシピもちょっとだけ載っている。

4198616973人生のしくみ
越智 啓子
徳間書店 2003-06-26

by G-Tools

« クリスタル | Main | 本のエネルギー »