« 書くことの危うさ | Main | 好きなもの »

2006.12.03

シュムスキーさんの本

ところでスーザン・シュムスキーさんの訳が出てたんですね。私はこれ、訳書がでるほんの一ヶ月まえに原著の Exploring Auras を買ったところだったんだが・・

シュムスキーさんはなかなか本格的。TMのマハリシを師匠にして何十年もインドのアシュラムで修行してきている。さすがに「わかっているな~」と感心するところが多い。やはり、このように教える立場になったのも天命という感じで・・ 本の内容も濃い。特に微細体レベルでの浄化の技法に詳しいが、こういうことの重要性がわかっている人が本物というべきだ。大きくいえばヒーリングの本である。

ただ訳書はどうなのか・・? 私は見ていないのでなんともいえない。この本で特にいいのは、いろいろな微細次元の浄化や解除、光の次元とつなげるための祈りのことば(アファメーション)にある。これは実際にやってみたが、かなり強力。ただ、それは言語のかなり微妙な使い方であるので、そのエネルギーがどれほど翻訳で伝達されているのかは、実際に見てみないとわからない。こういうものは、訳者も実際にそういう微細エネルギーレベルの感性がある人で、自分の翻訳したものを自分で唱えてみて、これはたしかにエネルギーが来てる、あるいは来ない、こうすればもっと来る、というようなことがわかる人でないと意味がない。字面だけ訳せばいいというのではない。世の中にはそういう配慮で訳されている本もあるが、やはり少数である。そんなわけで訳書のほうをどの程度オススメできるのかはなんともいえない。

4198622450魂の保護バリア オーラ・ヒーリング―自分のエネルギー・フィールドを清め、強化しよう
スーザン シュムスキー Susan G. Shumsky 小林 淳子
徳間書店 2006-10

« 書くことの危うさ | Main | 好きなもの »