« このところ | Main | お買い物日記 »

納豆ダイエット捏造とサニワのこと

納豆に食いはぐれてから二週間・・ そこへ、「納豆ダイエット効果の番組は捏造だった」という報道。納豆市場の沈静化を願う私にとっては願ってもない展開・・

ダイエット効果がありますなんて新聞の全面広告があるが、あの番組はそれと同レベルのものだということである。ああいう広告の体験記なんて、まず全部ウソなのは常識で、だまされるほうが悪いというといいすぎかもしれないがそれに近いものがある。そういう広告を信じない人も、まさか天下の大テレビ局がそんなことはしないだろうと思っているが、実はそれと大して変わらなかったのである。テレビには「やらせ」がつきものだということは、知っている人は知っているわけで、今回はたまたま反響がかなり大きかったので詳しく調べられたが、これは氷山の一角にすぎないことは常識と言っていいだろう。テレビ局というものは、その影響力が飛び抜けて大きいくせに、制作者のモラル的なものはあまり高くない。傲慢を感じることも少なくない。これはテレビがもっと圧倒的に多チャンネルになって、寡占状態が崩れないとむずかしいのかもしれない。

だいたい世間の人はテレビや新聞社を信じすぎる。朝日新聞だって記事捏造の前歴が一回や二回ではない。
大会社だからといってけっこういい加減にやっていることもある、というのは、雪印から最近の不二家まで、もういやというほど見聞きしているはずであろう。

そういう企業は消費者がもっとペナルティを課さねばならない。雪印のバターは買わない、朝日新聞は取らないということである。「メグミルク」なんて名前を変えたくらいでごまかされてはならない。

ところで別の面から見ると、この誇大広告というのは・・ヒーリングの世界にもつきものだ。
体験談は本当かどうかわからないし、また、遠隔などは特に、本当にやったのかどうかは信じるしかないわけである。
逆に言うと、だまされるならだまされた方にも責任があるということだ。つまり「見きわめ」が重要になってくるし、結局は、そこが信用できるかどうかの判断になってくる。
その辺は、WEBサイトなどから読み取っていくしかないのだが・・ 一方で、ヒーリングというものの基本原則とか、基本知識みたいなものを勉強しておくということも必要である。その原則みたいなものに合致しているかどうかということも参考になる。

さらに、そのように「本物かどうか」を判断するということは、もっとつきつめれば、自分の中の声がハイアーセルフからのものか、エゴなのかという見きわめに帰着する。すべては究極的にはそこなのだと思う。

前に紹介したシュムスキーの Divine Revelation という本には、そういう見極めの基本方針みたいなものが詳しく紹介されていた。

« このところ | Main | お買い物日記 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ