« エネルギースキル本 | Main | 聖地巡礼本 »

2007.01.29

ネットのエネルギー的影響

カーラさんの「オーラとチャクラ」で、応用したいと思うのは、エネルギー防御の手法である。人との間や、ドア、窓、電話などに、エネルギー的なクッションとなる「ギフト」を置く、というのがある。ギフトというのは、花みたいなイメージにポジティブなエネルギーを注入したものを、そういうボーダーに置いておくというのである。

自分のエネルギースペースの境界を明確にする、その境界にエネルギー的な防護を施しておく、というのは、一定以上にエネルギーに敏感になった人には必須のスキルではないかと思う。

世の中には、そういうスキルがあることを知らず、「受けまくり」状態になって七転八倒している人が想像以上に多いのである。

電話にも必要というなら当然、ネット接続もそうだろう。
最近はブロードバンドで常時接続になっている。これは、エネルギー的には要注意だ。

私のパソコンは、無線LAN機能をスイッチでオフにできるようになっている。これは、バッテリー節約のためにあるのだろうが、不必要な時はネット接続を切っておく、というのはエネルギー的にも有効なことだろう。そして、接続するときには「ギフト」を置いて、備えをしておくのだ。

検索するときはしようがないが、漫然としたネットサーフィンは、エネルギー的には悪いということも自覚すべきだろう。コーヒーの飲み過ぎみたいな神経過敏になりやすい。

ネットの、微細エネルギーレベルへの影響は想像以上に大きいのではなかろうか。

« エネルギースキル本 | Main | 聖地巡礼本 »