« 哲学史入門書 | Main | こぼれ話と神的知性について »

2007.06.21

フェルネルのアストラル・ボディ論

先日に引用したフェルネルのアストラル・ボディ論の出典は、やはりプロクロスだった。『神学綱要』ではなくて別の本だったのだ。・・しかし、私がこうして三時間かけて調べたことを、ここを読む人は数秒にして知ることができるわけである。ま、べつに知ったからといってどうということはないのであるが(笑)

もっともフェルネルは第二の、より肉体に近い微細身を「エーテル的」と言っているが、私の調べた本にはそういう言い方は出ていない。まだ解明されない謎は残っている・・

« 哲学史入門書 | Main | こぼれ話と神的知性について »