« それにしても・・と、クジラペンダント | Main | 舞文曲筆的メッセージ »

2007.10.11

銀河への望郷

「コンタクト」という映画。
なんといっても、「銀河連邦への地球の開国」をテーマにした映画といったらこれである。
またスピルバーグの「未知との遭遇」もそうした作品。

「その日」は、いつかは来る。必ず来るのだ。地球人が、銀河文明というものの実相を知り始める日が。もー、ワクワクしますね。
2012年がそれなのだ、と信じている人もいるらしいが、それについては、ノーコメントである(笑)。

しかし、この感覚は何であろうか。その、宇宙のはるかな深奥への、止めようもない「望郷」の感覚は・・ ほんとうの「故郷」についての、かすかな記憶・・もう少しで思い出せそうで、完全に思い出すことのできない「あの日々」のこと。

みなさんも「あの日々」に私といっしょにいたのでしょう?

そこへのゲートは、もう少しで見えてくるのだ。

B00005HKXLコンタクト 特別編
ジョディ・フォスター ロバート・ゼメキス
ワーナー・ホーム・ビデオ 2000-08-25

« それにしても・・と、クジラペンダント | Main | 舞文曲筆的メッセージ »