« 西欧中世哲学 | Main | 予想通りというか »

2008.03.21

現代美術展覧会

予算消化をかねて、美術館めぐりに行く。
前回のブリヂストンで現代美術に興味を持ったので、今回は現代美術館と、新美術館での展覧会を。

東京都現代美術館では、川俣正の展覧会と、岡本太郎の大壁画「明日の神話」が見られるというのがポイント。
いや、この「明日の神話」はかなりなもの。ひじょうにわかりやすい。中心に、骸骨と、その再生というテーマが描かれているが、イメージがひじょうにシャーマニック。

岡本が縄文文化ファンだったことは知られているが、シャーマニックな感性が縄文とむすびついているとわかる。
この壁画は、のちに渋谷駅の井の頭線乗り換え通路に展示されることに決まったそうである。

で、初めて新美術館というものに行った。いや、話に聞いていたがたいした建築である。
展覧会は、何人かのものを集めたもので、そのうち何人かはなかなかおもしろいものもある。

しかし疲れた。
千代田線から丸の内線に乗り換えるというだけで、私が通常、一日で歩く量を超えてしまっているので・・
そういう日常に問題があるのではないか、というのは考えないことにする。

« 西欧中世哲学 | Main | 予想通りというか »