« 現代の霊的世界観とキリスト教哲学 | Main | このところ »

ものと一つになる認識理論

以前書いた記事の中で、いちばん長い部類に入るものにこれがあるのだが

イデアと新々プラトン主義

ここでは「ものと一つになることによって根源へと迫っていく」という哲学のあり方が提示されていた。

稲垣先生の『抽象と直観』を熟読しているが、この本では、それとほぼ全く同じテーマが、トマスの認識理論に関して論じられていることがわかった。

トマスにおいては(現実に認識の働きが成立するとき)知る者と知られたものが「一」であることの洞察と肯定が認識理論の出発点であり、根本的前提である p.224

そして稲垣先生が論じるのは、ここで「一」というのは、数的に、数えられるものとして「一」だというのではなく、それは「存在」に関わり、存在においては「すべてが一」であるという場所にあるという意味なのだ、ということである。

深いですね~

トマスの認識理論を理解するのは、かなりの努力を要する。しかしこれは、しがいのある努力である。そこで開けてくる視界は、あたかも、苦労して高い山の頂上に立ったときのような、晴れ晴れしたものである。

なお、先の「イデアと新々プラトン主義」は、今見ると、けっこう厳密でないことをたくさん言っているが、基本的な方向としては、ある程度書き表されている文章だと思う。こういう方向で考えるには、中世哲学を研究することが実り多いということも、また当然だということである。

なお、『抽象と直観』で、抽象とはトマスを、直観とはオッカムの立場を表しているようだ。真の問題は「トマスかオッカムか」であって、デカルトなどは、オッカムによってなされた転回を、自明の前提としたところに成り立っているということらしい。

この記事読んで、この6700円の本を買う人がいるんでしょうかね?(^^ゞ
私は、図書館で借りてきてるんですよ・・(笑)

4/4追記

『抽象と直観』、6825円でした(^^ゞ

さっきまでアマゾンに在庫があったと思ったら、もう売れてますよ。
そのページの、「この商品をチェックした人はこんな商品もチェックしています」のところを見ると、「美しさの中を歩め」関連本がずらり・・である。何冊売れたのかな?

最初は、借りてみた方がいいと思うけどな~ そんなに簡単にわかる本じゃないんですよ(笑)

« 現代の霊的世界観とキリスト教哲学 | Main | このところ »

霊性思想」カテゴリの記事

September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ