« このところは | Main | 天使のいるコスモロジーをめざして »

エネルギーの転換か?

しばらくのあいだ、マジメな研究モードだったが、このところから、もうなんだかわからないようないろいろありの世界に突入していて・・ そっちの方面では、おそろしいほど過激?な集中的なプログラムを組んでしまっており、魂レベルではやる気満々であるのだが、はたして大丈夫なのか? 今回は、もちろんレスキューレメディーなど準備を万端整えてのぞんでいるが・・ しかし、今日のワークではまた、神聖な世界への扉が開いており、かなりなエネルギーを受けてしまったので、体がだるくなって夕方から一時間くらい眠らざるを得なかった。こういう日が最近は週に数回あるからね・・

本の方も最近では洋書ばかり見ており、いくら時間があっても消化しきれないくらいあるのだが。しかしまあ『スピリチュアル哲学入門』の原稿は書かねばならないので、それも大丈夫か? という気もするのだが、こちらも精神的なエネルギーだけはかなりあり、問題は肉体面がそれについていけるかということになっている。ともあれこういう仕事はある面でいま求められているところでもある・・という意味は感じているわけなので、これがうまくいけば、その後にたとえば『スピリチュアル神話学入門』『天使学入門』『輪廻転生論入門』などの入門シリーズを連発するなんてことも長期構想として考えないわけではないのだけれども。

私はただ「頭」だけの哲学を否定する立場であるし、「学識」だけで一流になれるほどの勉強をしているわけでもないので、ある程度実体験的なものがあるということをアドバンテージとするほかない。だからワークとの並行は必須となってくるのだ。もっとも、そっち側を具体的にカミングアウトするのはまだかなり先になるだろうと思う。

これは何度も書いてはいるが、私の理想としては、聖地のような場所に、スピリチュアルな学びを総合的にできるようなコースができて、そこで定期的に教えつつ、ワークとヒーリングをつづけていく、なんて生活ができればなあ、と思っている。今はまだまだ、生活のためにそれ以外のことをやる時間もかなりあるのでね。いちおうどこかで宣言しておかないと実現もしないだろうからここで書いておくということである。可能性としてはキリスト教系・仏教系などのところが動いていくことは今後ありうると思う。前著のように「知る人ぞ知る」の世界に満足するのではなく、もう少し「流れを作る」ということも視野に入れていきたい。これも宣言という意味でここに書いているわけである。

敏感な人は、この文章を読んだだけで、私のエネルギーが少し転換したことを感じ取れたのではないかと思う(笑)

« このところは | Main | 天使のいるコスモロジーをめざして »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ