« 輪廻の主体 | Main | いわゆる「スピリチュアル」と思想的問題 »

井筒俊彦『意識と本質』

4003318528 意識と本質―精神的東洋を索めて (岩波文庫)
井筒 俊彦
岩波書店 1991-08

いや、ひさびさに再読した。この本はやっぱり面白い。というのは扱っている世界が、あちらからこちら、めくるめく饗宴という感じになる。

プラトン、新プラトン主義、イスラーム哲学(イブン・シーナー、イブン・アラビー)、ヴェーダーンタ、サーンキヤ、ヴァイシェーシカ、禅、孔子、宋学、真言密教、カバラ、シャーマニズム・・

しかし気がついたのは、この本には、結論がなかったんですね。意識と本質という問題について、東洋哲学をいくつかに分類したという本であって、「井筒哲学」を展開しているわけではないのだった。

西洋哲学ではドゥンス・スコトゥスくらいしか出てこなくて、近代哲学を無視しているのも小気味よい。

「意識と本質」というが、井筒のねらいとしてはむしろ「深層意識と本質」という感じなのである。深層意識という領界から本質論を照射するわけで、こういう試みは近代哲学にはないものだ。

« 輪廻の主体 | Main | いわゆる「スピリチュアル」と思想的問題 »

霊性思想」カテゴリの記事

September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ