« 意外といけてるインド哲学入門 | Main | 「ねじまき鳥クロニクル」の穴のことなど »

2008.06.29

本棚サピエンス登場

週に一日くらいは頭を休めないとやっていられない。

さて、めずらしく部屋の片付けだが、最近本棚から本があふれており、そこらに本が積まれているのが気になっていた。

そこで、縦型に本を収納するといういっぷう変わった「サピエンス」なるイタリア製のブックシェルフを置くことにした。これが意外といける。山積みの本が全部収まってしまったのですっきりである。しかもそれほど不安定な感じもない。

ふつうの本棚を増やせばいいようなものだが、その置き場所というのも問題であるし、特にこれは、「とりあえず気になる本を手近に積んでおく」という習慣のある人がいることを察知して、その習慣を延長したままうまく収納でき、美観的にも満足を与える、ということで、なかなかいってるコンセプトのものではないかと思う。

« 意外といけてるインド哲学入門 | Main | 「ねじまき鳥クロニクル」の穴のことなど »