« 日常より | Main | 上橋菜穂子のファンタジー »

日本の神様カード

オラクルカードもドリーンのとかいろいろあるが、なんと『日本の神様カード』が発売! これ、買ってみたのだが、けっこういい。デザインもメッセージも。

ただ、どうしてこの神様はないのか~ というところも、あるにはある。基本的に古事記に基づいているので、それに入らない神様は出てこない。

しかし、かなりのおすすめではなかろうか? けっこう売れているらしい。

4903262294 日本の神様カード
Denali 大野百合子
ヴィジョナリー・カンパニー 2008-03-17

どういう神様が入っているのか、アマゾンの「なか見検索」で知ることができる。

私はタロットをやるが、ある人のリーディングに「タロットのエネルギーがありますね」と言われたことがある。

なるほど、カードにも固有のエネルギーがある。それが我がものとしなければ、使いこなすということにはならない。それはたぶん易やルーンなどにもいえるのだろう。古代的な思考法になるが、これらにはみなある種の「スピリット」があり、つまり、固有のエネルギーがあり、それと共鳴するようなエネルギー構造が自分に作られないと、それを通して「聖なるガイダンス」が流れるようにはならないのだろう。つまり、こういうオラクルグッズは、それとの「アチューンメント」が重要になる。それはクリスタルでも同じことだろう。

私がタロットを見るときも、本に書いてある意味などはあまり気にしなくなっている。たしかに、そのカードにはどういうエネルギーがあるのかを「肌で知っている」という感じになると、そういう非言語的メッセージを人間語に翻訳するという感じなので、言ってみればこれも一つのチャネリングみたいなものか、という気がすることもある。

というわけで、「日本の神様カード」も、チューニングするならば、かなりガイダンスを得やすいのではないかな、と思えた。日本神界に親しむグッズとしても優れている。

« 日常より | Main | 上橋菜穂子のファンタジー »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ