« Q&A形式 | Main | 「答えの出ない問い」に対する明白な答え »

上橋菜穂子『獣の奏者』

獣の奏者 I 闘蛇編    獣の奏者 II 王獣編

というわけで、上橋菜穂子の『獣の奏者』二巻である。

これは、神話学・文学論的にいうと、「異類婚姻」の話などに見られる、「人間と動物界との交流と、理解の不可能性を、テーマにしたもの。前作の『狐笛のかなた』との関連性が、明らかである。

動物界というのは、異界ということでもある。

生命の不思議とか、その根源としての異界などを、どこまでも追求しようという欲求と、人間の世界に必ずからんでくる政治的なものとの葛藤――という、「守り人シリーズ」から一貫したテーマがここにも見られる。

今ここで、このことを詳しく書いている余裕はないが、掘り下げるといろいろと面白いので、一つ、紀要の研究ノートみたいな形で書いてもいいかな、と思いついた。できたら、上橋さんに送っちゃいますからね(単なるミーハー?) 私にとっては、ひさびさの文学論であるが・・

しかし、上橋さんの本は、あらかた読んでしまった・・ そろそろ、荻原規子にいこうと思う。

« Q&A形式 | Main | 「答えの出ない問い」に対する明白な答え »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ