« ロシア霊性についての本 | Main | そろそろ転機か »

2009.01.31

キリスト教東方教父については

まず、この本が基本の入門書である。


キリスト教神秘思想の源流
アンドリュー・ラウス 水落 健治訳

アマゾンでは売っていないが、宮本久雄『教父と愛智――ロゴス(言)をめぐって』もお勧め。他のオンライン書店をあたればあるかも。

« ロシア霊性についての本 | Main | そろそろ転機か »