« きょうの雑感 | Main | エネルギーレベルの差を実感 »

戦う時

植草氏のブログ記事「天下りと企業献金を断てない金権体質の自民党

基本的にこの考え方に賛成する(私は、このブログが政治的に中立であるべきだとは考えていない。私は公務員でもないし、そうした意見発表を抑制すべき立場にはない)。

ただ、これが政権中枢の指示による「国策捜査」であるか、あるいは、前後を見ない検察の暴走であるのか、どちらの可能性もあるかなと思っている。

この文中にあるように、小沢氏は今回の件では徹底的に戦う意志を固めたようだ。やはりそう来なくてはいけない。鳩山氏もこれに同調するようだが、問題は、民主党内にも反小沢勢力があって、この機会に追い落としをねらうなどという動きもあることだ。これが話を面倒にしている。民主党が一丸となって検察の不当性を国民に訴えていかねばならないと思うが。民主党にとっては試練である。これでつぶれるようなら、政権を取ったとしても長続きはしないであろうし。

こちらの記事も注目である。

小沢一郎というパラドックス ??検察は大久保秘書をどう起訴に持ち込むのか?(内憂外患)

« きょうの雑感 | Main | エネルギーレベルの差を実感 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ