« プチ・スピと宗教 | Main | メディアリテラシーその2 »

メディアリテラシー

いや、ここではあまり政治経済のことは語らないようにしているが(私は単に一市民レベルの知識しかないわけだから)どうもね・・ というのが西松建設をめぐる問題だ。

どうも怪しい。ジャーナリストの中には「国策捜査」ではないかと言う人もいる。あの官房副長官の発言は何であろうか。その後すぐに、自民党議員の立件という話が出たのも、いかにもこの失言に慌てたような動きである。翌日の共同通信配信記事では、元検察官で今は天下り団体理事長をやっているような人が「識者」として、「検察に政治力が働くことはいっさいない」などという記事を出している。これを典型的な「チョウチン記事」という。新聞が日頃ばかにしている天下り理事長の記事をすぐに出すとは、何かあったのかと疑ってしまう。

こちらのニュースサイト http://news.www.infoseek.co.jp/special/j-is/

鈴木宗男さんの「ムネオの日記」も注目している。

そもそもメディアに出るものはほとんどが検察のリーク情報である。それは検察がメディアを誘導して世論を有利にするための行為で、そのまま信じてはいけないというのはメディアリテラシーの常識である。でも日本国民のほとんどはそういうメディアリテラシーなど知らない。

世論調査で、小沢代表の風当たりが強い。しかし、ふつうの、そのへんのおじさん、おばさんのレベルというのはどういうものか考えてみればわかる。政治資金規正法のしくみというのはどういうもので、今回の小沢氏秘書のどういう行為が違法とされたのか、それに対する小沢代表の説明の論点はどういうことであったか、それを質問されてちゃんと答えられる人はいったい何%いるのか? それが答えられないのに「辞任すべきだ」とか「説明に納得しない」などと答えることはできないはずだが、世論調査で小沢代表に否定的なことを言った人の大部分はそんなレベルであると思う。政治資金規正法というものをまったく知らなくて、何だか騒がれているのでまた賄賂をもらったのに違いないと思い込んでいる人がどれだけいるのか、そういうことも一度調査してみてはいかがであろうか?

情報をリークする方は、国民がそういうものであることは百も承知。マスコミが騒げば、確実に政治家に対するダメージを与えられる。マスコミがたたけば、こいつは悪いやつだとすぐ思い込んでくれるのが国民というものだということをよく知っているのである。こういう戦略が特に得意だったのが小泉さんだ。

今回の件が国策捜査なのか、それとも特捜部の独断なのか、それにはいろいろな意見があるが、政治家が捕まるにあたっては官邸に何らかの連絡があっても不思議ではないと思う。検察はけっして政治的に中立ではない。国策捜査というものは現に存在する。

そういう本はたくさんでている。私は今回の件で国策捜査というものに関心を持って、本を読んでみた。たとえば次のものは検察というものがよくわかる。

4797671742 正義の正体
田中 森一 佐藤優
集英社 2008-03-26

佐藤優さんてのは外務省にいて、鈴木宗男さんと一緒にやられた人だが、これは完全に国策捜査だった。佐藤さんの『国家の罠』という本を読めばわかるが、取り調べの検察官がはっきりと「これは国策捜査だから」と明言したのである(検察は、そんなことは言ってないと反論するかもしれないので、あくまで佐藤氏の記述によれば、であるが)。私も当時は、鈴木宗男って悪の権化ではないかってイメージをマスコミに植え付けられていたので、こわいものである。

ともあれ、国策捜査というものはあるものだということ、検察や警察は自分の作ったストーリーをリークして世論を誘導しようとするので、それにのせられてはいけないこと、などを常識として知っておく必要があるのだ。

検察のリークについて、メディアがいちいち裏付け取材をして報道しているわけではない。そのまま流すだけだ。そのまま流さないと、次のリークがもらえない。そうすると情報がないので、メディアとしては困る。メディアも情報を売ってなんぼの商売である。構造的に警察・検察には弱いしくみができている。

実は、佐藤優さんについては、(私個人にとって)衝撃的な事実が明らかになったのであるが、それについてはまた次の機会に書きたい。

« プチ・スピと宗教 | Main | メディアリテラシーその2 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ