« メディアリテラシーその2 | Main | 衝撃の事実とは ~佐藤優氏のこと »

思いつきメモ~ラディカル・オーソドキシーなど

ひさびさにお仕事の話(笑) 原稿はまだ当分かかりそうで、春休みに終わるのかといったら厳しいだろうか。今回は、もう少し仏教にも接近したい。このあいだから如来蔵思想について改めて注目し、勝鬘経、涅槃経、宝性論などを読む。涅槃経の全訳が出ているのだが、これを買うかな~と検討中。西洋ものではエリック・パールによるディオニュシウスの本にえらく感心し、仏教思想との類似もかなり見えてくる。簡単にいうとディオニュシウスとプロティノスはほとんど同じなんだという主張で、これまでのプロティノス理解が単純すぎたという内容で、まったく我が意を得たりであった。このパールの本に紹介されていたウェイン・ハンキーという人の論文にかなりはまって、最近の神学の一部に、新プラトン主義との接近という動きがあることを知る。それはハイデッガーのオントテオロジーの問題や、それにつながるマリオンの現象学的神学とも関連している。そこで今、ラディカル・オーソドキシーというポストモダン神学について調べている。ハンキーの立場はこれとは微妙に異なるが、全体としてはある方向に向かっており、それは「テオファニーの神学」ではないかと思われる。私はそれは、仏教では華厳思想に近づいてくるのではないかと思う(空海の思想も根幹は華厳であり、それに真言の行法を上に置いたものだ)。全体として世界をどう見るかというヴィジョンにおいてかなり共感できるものを感じた。新プラトン主義の再評価ということもポイントである。ラディカル・オーソドキシーでは特に後期のプロクロス、イアンブリコスなどの「テウルギア的新プラトン主義」を評価し、リトゥルギア(礼拝)の意味を強調する。これも密教の復興というテーマと重なって見える。これをインド思想でいうと、正統派のシャンカラなどではなく、ラーマーヌジャや、あるいはカシミール・シャイヴィズムの思想に近いものがあると思う。シャイヴァ・シッダーンタのことも知りたいがなかなか文献がない。

ラディカル・オーソドキシーでは近代の世俗的世界観への転回について、スコトゥスの「存在の一義性」を分岐点としている。オントテオロジーと世俗化は盾の両面である。私はこれをオッカムとしていたが、存在の一義性という概念がオッカム思想を可能にしたのだから、スコトゥスから始まるといってもまちがいではないだろう。この主張にはある程度、稲垣先生やまたデュプレなどとも共通した問題意識が感じられる。アウグスティヌスの再評価もポイントで、トマスなども徹底的にアウグスティヌス的に読むがこれはちょっとやりすぎだろうか。これってガンのヘンリクスじゃないの?と思わせるほどだ。しかしアウグスティヌスというのは要するに、人間の知性は神の照明を浴びているという思想だ。それがかんじんの点である。トマスを「トマス主義」が考えるよりも新プラトン主義的だというのは、山田晶先生のエッセの研究などを考えると、まちがってはいない。

またラディカル・オーソドキシーに共感するところは、「近代的学問」が成立する前提として「世俗的空間」の成立があるという見方だ。この世俗的空間というものは「客観的」ではなく、それ自体に形而上学的前提を含んでいるという。これは私からしても当然の主張だ。この前書いた例では宗教社会学者などが「宗教とは人間が作った文化だ」などという枠組みを持つというのも、世俗的空間という近代的学問前提を自明とした地点から見ているわけで、これ自体は反神学的な一つの思想的選択をすでにしているということになるわけだ。つまりラディカル・オーソドキシーは「自然界のことは自然科学に任せてよい」というような、独立した自然という領域を認めない。そういう考え方から自然科学と折り合いをつけようというブルンナーやティリッヒなどの神学を批判する(私にいわせるとウィルバーもこうした「折り合い主義」である)。自然科学が提示するのは自然に対する「一つの見方」にすぎず、自然を見る唯一の権能をそれが保持しているわけではない。自然に対する神学的な見方というものも神学は包摂するものである。つまり「棲み分け主義」の明確な否定がある。

キリスト教神学の強みは何といってもエクレシア(教会論)である。ニューエイジ以降の精神性についてキリスト教から批判する最大のポイントもそこにある。エクレシアがなくてどうしてその正統性が担保されるのかということだ。個人だけで探求することは容易に迷いの道へ入る危険が高い、集団による指導というものが不可欠だということだ。これは確かに的を得ている。霊性哲学は何らかの形で組織論を考えねばならない。やはりその場合は見田の「交響体」などをベースにすることになるのか。

« メディアリテラシーその2 | Main | 衝撃の事実とは ~佐藤優氏のこと »

霊性思想」カテゴリの記事

September 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ