« 欅坂46「世界には愛しかない」の神MVについて | Main | アメリカ大統領選と人類のゆくえ »

第1回ビデオ 「世界には愛しかない」は哲学的真実である

先日お知らせした、YouTubeのビデオだが、「スピリチュアル哲学講義」ではなく、「スピリチュアル哲学トークセッション」というチャンネル名にした。講義より少し軽い気分にした。

そしてようやく第1回ビデオをのせました(^^)
 
題して、
 
 
というものです。
 
 
この前の記事で書いたとおり、欅坂46の「世界には愛しかない」は、きわめて本質を突く言葉であるため、これが実は本当にその通りであることを語ったものである。
 
最初なので、なかなか完璧というわけにはいかない。テロップの「実践」を「実戦」と間違えたし、片隅に余計なものが映ったり。また自分のしゃべりを観察すると無意識にやっていた癖に気づく。「ちょっと」という言葉をはさむのが癖らしい(ここでまた「ちょっと多すぎ」と書きそうになった)。
あと、少し補足しておきたいのは、キリスト教思想では「宇宙そのものが愛だと考えられている」と言ったのは、より正確には「宇宙を作り出した神が愛だと考えられていた」というふうに、宇宙と神は区別されている。どうでもいいようだが、この違いにこだわるのが西洋的なキリスト教なのだ。
 
ともあれ、これからこのビデオシリーズは、自分の思想的な発信の中心の一つとして引き続き作成していく予定である。
 
なお、一つ書いておくと、こういったプロジェクトは、「スピリチュアルとアカデミズムを結ぶ」という意図で行っているものではない。実のところ、アカデミズムはあまり関係ない。むしろ、「現在のスピリチュアル(精神世界)と人類の霊的伝統(永遠の哲学)を結ぶ」と言ったほうがよかろう。たとえばギリシア哲学やインド哲学そのものは、べつにアカデミズムではない。こういった思想を語るためには専門家でなければならないというきまりはないのである。

« 欅坂46「世界には愛しかない」の神MVについて | Main | アメリカ大統領選と人類のゆくえ »

スピリチュアル哲学トークセッション」カテゴリの記事

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ