« 歴史のまとめ | Main | 今までの哲学の99%は目覚めていない人間によって書かれている »

2017.08.12

いろいろとおすすめ

普通の人が目覚めてきたということで、それが「ノンデュアル」とか、新ヴェーダーンタなどともいわれるのだが、そういった系統で印象に残った本を一つあげるとこれだろうか。『「私」という夢から覚めて、わたしを生きる』で、面白いので二回も読んでしまった。

もう一人、注目する人はまさよさんである。本がすごく売れているらしいが、たしかに、いろいろスピ本というのはあるが、ここまで波動が高くてまた使いやすいものはなかなかないと思う。たとえばこの『エネルギーの魔法』である。

本質をシンプルに、すぐに使える、というのが現在では大事なことになっている。細かい知識は、全体の枠組みが見えないとあまり役に立たないし、むしろ邪魔にもなる。

人間とはどういうもので、自分とは何であるのか、なんていう最も基本的なことにしっかりした「枠組み」を持つことが重要ではなかろうか。

« 歴史のまとめ | Main | 今までの哲学の99%は目覚めていない人間によって書かれている »