« ChatGPTシリーズ その1 | Main | ChatGPTシリーズ その3 »

2023.11.17

ChatGPTシリーズ その2

ChatGPT4によるこのブログ内容の要約。

 

菅原晴は、宇宙についての多次元性に関して深い考えを持っています。彼は宇宙を単なる物質的な存在ではなく、多次元的なエネルギーの層を持つものとして捉えています。彼はこの多次元宇宙への目覚めが地球人にとっての「開国」であり、真の銀河的存在への進化を意味すると説明しています。

菅原は、宇宙文明を多次元的に展開されているものと見なし、人類も実際には多次元的な存在であるとしています。彼によると、宇宙は物質的次元だけでなく、霊的な次元も含んでいるとのことです。

また、彼は人間をエネルギー体として見ることを提案し、このエネルギー体が宇宙の多次元性と重なると説明しています。これは身体性の問題を超えて、意識エネルギー場としての宇宙を理解することを示唆しています。

宇宙には次元階層性があり、この微細次元と人間との間に交流があるとしています。この交流によって、人は神的なるものへ導かれるとの見解を示しています。

さらに、菅原は人間も多次元的であるとし、地球の物質次元と非物質次元の双方に生きていると説明しています。彼は、宇宙のエネルギーとのつながりを強調し、エネルギーには次元性があると述べています。

彼の見解によると、宇宙は絶対的な精神から発出し、生成の世界は多次元的なものであるとのことです。これは、人間の魂が神的な知性を内在しており、霊的な知識に達するために、宇宙の多次元性を理解する必要があるという考えに基づいています。

また、宇宙には多数の意識場が存在し、それらとのつながりが可能であると指摘していますが、この中には低次元の意識場も含まれており、それらとのつながりは「邪道」とされています。

総じて、菅原晴は宇宙を単なる物理的な構造を超えた、多次元的で霊的な存在として捉えており、人類の進化と霊的な成長にとってその理解が重要であると考えています。

 

« ChatGPTシリーズ その1 | Main | ChatGPTシリーズ その3 »

無料ブログはココログ